国内有数の日本茶カフェブランドの新店舗

nana’s green tea 自由が丘店(東京・自由が丘)

抹茶や日本茶を中心としたドリンクやスイーツが楽しめるカフェ「nana’s green tea(ナナズグリーンティー)」。
2023年4月、東京・自由が丘に新店舗「nana’s green tea 自由が丘店」をオープンしました。

「ナナズグリーンティー」の創業は2001年。「コーヒーのように日本茶を気軽に飲めるお店を作りたい」と創業者である株式会社七葉の代表・朽網(くたみ)一人さんが前身となるカフェ「グリーンティーカフェ」を東京・自由が丘に開業しました。
2006年に横浜の赤レンガ倉庫に「ナナズグリーンティー」の一号店をオープン。その後、全国に店舗が誕生し、現在は国内外に70店舗以上を展開。日本有数の日本茶カフェブランドとして人気を博しています。

株式会社七葉の代表・朽網(くたみ)一人さん

「nana’s green tea 自由が丘店」は、ナナズグリーンティー発祥の地である自由が丘にオープンを果たしました。同店は「ナナズグリーンティー」を運営する株式会社七葉が開業した食の複合施設「nanaha jiyugaoka(ナナハ ジユウガオカ)」に店舗を構えています。

自由が丘店限定のお茶メニューを展開

素材にこだわり、現代のライフスタイルに合ったメニューを提供する「ナナズグリーンティー」。自由が丘店のおすすめメニューをご紹介します。
まずは抹茶をふんだんに使用した抹茶ドリンク「抹茶白玉フロートラテ」。抹茶は”静岡県産オーガニック”と”ナナズブレンド”の2種類から選ぶことができます。
”静岡県産オーガニック”の抹茶を使った「抹茶白玉フロートラテ」は自由が丘店の限定メニュー。静岡県を代表するお茶の産地である川根で作られた有機栽培の抹茶で、爽やかな香りとほどよい苦みが特徴です。

一方のナナズブレンドの「抹茶白玉フロートラテ」はまろやかな味わいで、旨みの強さが特徴。抹茶は京都・宇治の製茶問屋「山政小山園」の茶師がブレンドしています。
煎茶は「宇治煎茶」「伊勢煎茶」「静岡県産オーガニック煎茶」の3種類をラインナップ。同店限定の「静岡県産オーガニック煎茶」は、渋みが少ないまろやかな味わいと清涼感のある香りが魅力。京都・宇治の日本茶専門店「売茶中村」の高品質な茶葉を使用しています。

自由が丘店では煎茶、ほうじ茶、玄米茶、和紅茶といった日本茶メニューはすべて茶葉で提供。「ナナズグリーンティー」のオリジナル急須「360KYUSU(サンロクマルキュウス)」を使い、2煎目以降は自身でお茶を淹れて楽しむことができます。

和の素材を活かしたオリジナルスイーツ

店頭ではドリンクメニューに加えて和の食材を使った洋菓子も販売しています。

人気の「黒糖ガレット」は、黒糖をたっぷり練りこみ、優しい風味の北海道産バターと一緒に焼き上げています。さっくりした食感がクセになる、日本茶によく合うお菓子です。

「ナナズグリーンティー」の店舗では現代の茶室をテーマに、その店舗がある地域の歴史や文化を反映した店舗デザインを行なっています。
「自由が丘店はわびさびのさびを意識し、簡素な美しさをシンプルなデザインで表現しました」と代表の朽網(くたみ)一人さん。自由が丘店の広々とした店内には二人がけのテーブル席や一人でも利用しやすいハイテーブルの席が用意されています。

お茶と一緒にエッグタルトとおむすびを

「nanaha jiyugaoka」の施設内には、ポルトガル菓子専門店「Nossabolo (ノッサボーロ)」とおにぎり専門店「七むすび(ななむすび)」が出店しています。

「Nossabolo」は、ポルトガルで修業経験のあるシェフが手作りするポルトガル菓子の専門店。エッグタルトは濃厚な卵のクリームとサクサクのパイ生地が相性抜群です。

「七むすび」では、群馬県と秋田県産の有機米を使った16種類以上のおむすびが味わえます。
コシヒカリ、玄米、低アミロース米を混ぜたオリジナルブレンド米は歯ごたえ良くもちっとした食感。北海道近海で捕れた鮭のおむすびが人気です。

「七むすび」は株式会社七葉が運営。代表の朽網さんは食材選びについて「日本食には茶懐石や郷土料理など多様な文化があります。その根幹となったお米とお茶には特にこだわりたい」と話します。
両店舗は「ナナズグリーンティー」と席を共有しているのでエッグタルトやおむすびと一緒にお茶を楽しむことができます。
歓談、食事、打ち合わせなど、様々なシチュエーションに合わせて利用できる「nana’s green tea自由が丘店」にぜひ足を運んでみてください。

取材・執筆=芦谷日菜乃

おすすめメニュー

メニュー名 料金
抹茶白玉フロートラテ M740円
煎茶各種(HOT) 500円
紅茶(HOT/ICED) M 500円
黒糖ガレット 300円

基本情報

店名nana's green tea 自由が丘店
電話03-6421-2066
住所東京都目黒区自由が丘1-14-16 Nanaha Bldg. 1F
アクセス東急東横線 自由が丘駅から徒歩2分
営業時間11:00~21:00
定休日なし
HPhttps://www.nanasgreentea.com/

関連記事

  1. うつわ楓(東京・南青山)

  2. 雨音茶寮(東京・千駄木)

  3. 麩屋柳緑(京都・河原町)

  4. TEAROOM Yoshiki Handa(東京・町屋)

  5. おちゃらか(東京・日本橋)

  6. café  COCOOCEN/黒船 自由が丘本店(東京・自由が丘)

  1. 日本茶生活が東京・有楽町の「Tokyo Innovation Base」に日本茶セレ…

    2024.05.03

  2. 【お茶コラム】新鋭フードクリエイター・丸山千里さんが提案する「…

    2024.03.26

  3. 【イベントレポート】茶人・日月が主催する茶会「耳味会(じみかい…

    2024.03.24

  4. 日本茶の学びイベント「日本茶生活アカデミー」が2024年4月27日(土…

    2024.03.13

  5. 東京・お台場の日本科学未来館でお茶をテーマにした企画【ねぇ、未…

    2024.03.01

  1. 日本茶の学びイベント「日本茶生活アカデミー」が2024年4月27日(土…

  2. 【2023年秋冬開催】日本各地の注目お茶イベント&お茶会情報

  3. 【2024年最新】加賀棒茶や抹茶が楽しめる金沢市内の日本茶カフェ&…

  4. 【イベントリポート】国際日本茶協会が主催する「日本茶カンファレ…

  5. 【2023年最新】国産紅茶が楽しめる全国の和紅茶専門店&日本茶専門…

Translate »