一般社団法人日本お茶割り協会が2021年12月に設立「お茶割りを国民的ドリンクに!」

お茶割りの普及と業界の活性化を目指す

2021年12月、お茶割りの普及を促進し、お茶産業と飲食店を盛り上げることを目的に「一般社団法人日本お茶割り協会」が誕生しました。
お茶割り専門店「茶割」を運営するサンメレの代表・多治見智高氏、日本茶ブランド「CRAFT TEA」を運営するクラフト・ティーの代表・新谷健司氏、「四十八漁場」や「塚田農場」を運営するエー・ピーホールディングスの執行役員・横澤将司氏が共同で設立。
2022年1月27日から、お茶割りがお得に飲めるサブスクリプションサービス「お茶割りPASS」の会員募集と、参加加盟店の募集を開始しました。

日本お茶割り協会の設立の背景

クラフト・ティー・新谷健司氏
茶業を取り巻く状況は、栽培面積・生産量の減少、茶価の低迷、それに伴う後継者不足に見舞われ、急速に耕作放棄地が増加するなど、悪化の一途をたどっています。その背景には、リーフ茶(急須で淹れて飲むお茶)の需要が減ったことなどが挙げられます。
当社は「このままでは、廃業する生産者が増加し、それとともに数百年の歴史を持つお茶の生産・製造の技術が失われてしまう」という強い危機感を抱いています。
茶業を盛り上げるためには、リーフ茶の消費量を増大する必要があります。そのために、当社は今まで一般的ではなかった、さまざまなリーフ茶の売り方にチャレンジしてきました。
今回の日本お茶割り協会の立ち上げは、お茶の消費量を拡大し、日本茶業界を盛り上げるための活動の一環です。

日本お茶割協会の活動とは

「お茶割りを国民的ドリンク」をテーマに掲げ活動。「お茶割りPASS」の募集・運営をはじめ、お茶割りの普及活動やお茶割りの認知向上のための活動(イベント・大会運営など)を行います。

お茶割りPASSとは

日本お茶割り協会が運営するお茶割りのサブスクリプションサービス。
月額550 円(税込)の会員費で、同協会の加盟各社の特典(お茶割り1杯無料や何杯でも半額など)を受けられます。

加盟店募集の概要

お茶割りを提供する加盟店を募集。加盟することでお茶割りPASS会員の来店効果が見込めます。加盟店の負担は、「自社店舗に来店したお茶割りPASS会員への特典の用意」「自社店舗でお茶割りPASS会員の募集」の2点です。
詳細は下記公式サイトからご確認ください。

一般社団法人日本お茶割り協会
公式サイト https://ochawari.or.jp/

関連記事

  1. 役目を終えた茶の木に新たな価値を生む「オチャノキプロジェクト」とは?

  2. 新鋭の日本茶ブランド「美濃加茂茶舗」が”訳あり品”を販売する理由とは?

  3. 鎌倉「CHABAKKA TEA PARKS」が”お茶×サウナ”の新ブランド【SAUNA+TEA】をスタート

  1. 【2023年最新】渋谷・表参道エリアのおすすめ日本茶カフェ&和カフ…

    2023.01.25

  2. 静岡茶スパブランド「Nacharal」がお茶のハーブボール作…

    2023.01.19

  3. 【2023年最新】銀座・有楽町エリアのおすすめ日本茶専門店&和カフ…

    2023.01.16

  4. ”参加体験型”お茶イベント【日本橋お茶めぐり 立春編】 2023年2月4…

    2022.12.21

  5. 【イベントレポート】若手茶人による茶会「耳味会(じみかい)」が1…

    2022.12.21

  1. ”参加体験型”お茶イベント【日本橋お茶めぐり 立春編】 2023年2月4…

  2. 【2023年最新】抹茶スイーツが楽しめる東京の日本茶カフェ&15選

  3. 【2023年最新】大阪市内のおすすめ日本茶カフェ&和カフェ7選

  4. お茶の飲み比べ&野点イベント「日本のお茶づくし2022 ・秋」が2022…

  5. 【2022年10月〜12月開催 】全国各地の注目お茶イベントをご紹介

Translate »