カラダに優しい食事とお茶が魅力の日本茶カフェ

お茶と食事 余珀(神奈川・登戸)

和洋折衷の空間で楽しむお茶の時間

神奈川県川崎市にある「お茶と食事 余珀(よはく)」。
オーガニック・グルテンフリーの食事が楽しめる日本茶カフェです。
2020年4月、小田急線・JR登戸駅から徒歩5分ほどの住宅街にオープンしました。

築40年を超える古民家を改装したという趣のある店内。
アメリカの古い照明やヨーロッパのアンティークやインテリアを取り入れ、東洋と西洋のテイストが入り混じり、独特の空間を作り上げています。

日本茶の多様性を感じるお茶リスト

日本茶のメニューは自然栽培・農薬不使用・有機栽培のお茶が中心。
静岡や狭山をはじめ、京都や奈良、福岡、鹿児島など日本各地から厳選した煎茶を豊富に取り揃えています。
どのお茶も品種や個性が異なり、煎茶の多様性や奥深さを感じられます。

店頭ではメニューにある個性的な茶葉や急須などの道具も販売。オリジナルの茶葉もあります。

カラダに優しい食材にこだわった食事

食事は動物性原料不使用・乳製品不使用・グルテンフリーにこだわり、自然栽培・農薬不使用・有機栽培で作られた食材を可能な限り使用。
おすすめの「余珀デリ定食」は、季節の野菜を使った養生ご飯と味噌汁、野菜のデリ7種、茶殻の佃煮がセットになった食べ応えのあるメニューです。

そのほか、オーガニック野菜、スパイス、ドライフルーツを贅沢に使い、2日以上かけて作る特製カレー「余珀ベジカレー」やカラダに優しいマフィンやパウンドケーキといったヴィーガンスイーツもおすすめです。

特製のお茶カクテルも

「余珀」ではお茶を使ったカクテルも提供。
燻製紅茶とジムビームウイスキーのお酒は、ジムビーム工場から出た200年前の廃材を使ったカウンター席で。

柔らかな照明と木の温もりに包まれ、穏やかな気持ちでお茶と食事が楽しめる「余珀」。
慌ただしい日常に余白を与えてくれる貴重なお店です。

おすすめメニュー

メニュー名料金
煎茶 余珀オリジナル550円
余珀デリ定食1,400円
余珀ベジカレー1,400円
米粉のヴィーガンマフィン450円
燻製紅茶×ジムビームウイスキー900円

基本情報

店名お茶と食事 余珀(よはく)
電話-
住所神奈川県川崎市多摩区登戸新町341-5JUNEBERRY G
アクセス小田急線・JR登戸駅から徒歩5分
営業時間
予約優先 12:00〜16:00
予約制 18:00〜20:00

定休日月+不定休
SNShttps://www.facebook.com/yohaku.japanesetea.cafe/

関連記事

  1. CHABAKKA TEA PARKS(神奈川・鎌倉)

  2. 京都ぎょくろのごえん茶(京都・寺町通)

  3. chatoan(東京・阿佐ヶ谷)

  4. T’s green omachi(静岡)

  5. 八屋(東京・千駄ヶ谷)

  6. 京都宇治 藤井茗縁(東京・渋谷)

  7. 銀座わしたショップ本店(東京・銀座)

  8. 雨音茶寮(東京・千駄木)

  9. HOHO HOJICHA 宇治本店(京都・宇治)

  1. 【2023年最新】渋谷・表参道エリアのおすすめ日本茶カフェ&和カフ…

    2023.01.25

  2. 静岡茶スパブランド「Nacharal」がお茶のハーブボール作…

    2023.01.19

  3. 【2023年最新】銀座・有楽町エリアのおすすめ日本茶専門店&和カフ…

    2023.01.16

  4. ”参加体験型”お茶イベント【日本橋お茶めぐり 立春編】 2023年2月4…

    2022.12.21

  5. 【イベントレポート】若手茶人による茶会「耳味会(じみかい)」が1…

    2022.12.21

  1. ”参加体験型”お茶イベント【日本橋お茶めぐり 立春編】 2023年2月4…

  2. 【2023年最新】抹茶スイーツが楽しめる東京の日本茶カフェ&15選

  3. 【2023年最新】大阪市内のおすすめ日本茶カフェ&和カフェ7選

  4. お茶の飲み比べ&野点イベント「日本のお茶づくし2022 ・秋」が2022…

  5. 【2022年10月〜12月開催 】全国各地の注目お茶イベントをご紹介

Translate »